首イボ

首イボは遺伝するものですか?首イボの遺伝は、あるの?予防策で、発生を遅らせることも!

    

首の周りにできるイボって、気になりますよね。「そういえば、お母さんにも首イボができていた!遺伝かも」と、不安になってしまう方も多いですよね。

本当に首イボは遺伝性のものでしょうか?

自分のhだの質感にうっとりする女性

首イボができる仕組み

第一の原因は、加齢です。年を重ねることで、肌も老化が進みます。第二の原因は、肌が毎日、様々なストレスを受けているということです。

紫外線、洋服の脱ぎ着による摩擦などが刺激となり、年齢を重ねた肌の細胞を増殖させてしまいます。すると、肌細胞が小さなイボ状に脹らみ、あっという間に数を増やしてしまいます。

ウイルス性のイボもありますが、大部分は、皮膚の弱い部分にできるため、ウイルスの心配はありません。放っておいても問題はありませんが、数が増えてしまうと、洋服のおしゃれを楽しめなかったり、ネックレスにひっかかってしまったりすることもあるでしょう。

首イボは、遺伝性のもの?

イボ自体に、遺伝を立証できるものは何もありません。ただ、ホクロの多い人の子供が同じようにホクロが多いこともありますよね。

イボも同じで、肌の弱い場所にできることが多いことから、肌の弱さが遺伝することは、考えられます。首イボは、首の周りや胸、ワキや肩にかけてできることが多いですよね。

肌が弱く、襟元から見えて、紫外線の影響を受けやすい部分にできます。遺伝的に、肌が敏感、色白、シミができやすいのと同じように、イボができやすい体質なのかもしれません。

予防策は、ある?

「自分の母親や父親に、首イボがあったから、できていない間に予防しておこう」という考えを持つのも良いことです。日焼け止めクリームを使う、栄養クリームで肌ケアを行うなど、肌の老化を防いだり、紫外線対策を取ったりすることは大事です。

もし、小さいイボができたら、首イボの市販薬を使用するなど、早めに対処することも大切です。イボが広範囲に広がる前に、予防対策をしておくことで、できにくくなりますよ。