首イボ

ナスのヘタで首イボが取れるって聞いたんですが、本当ですか?首イボには実はナスが効く!?

    

本当です。ナスの成分には薬となるものが含まれているので、ナスは古くから漢方薬としても使用されています。また、ナスの水分に含まれている植物性アルカロイドという成分は、抗がん剤にも含まれており、病気に対して強い効果を発揮します。

右の頬にスキンケアクリームを塗布する女性

ナスのヘタ、あるいはナスの実の部分を小さく切って、首イボがある部分に肌がかぶれないテープを使ってはりつけてください。

寝る前に毎日必ずこれをやっていれば、そのうち首イボが小さくなって、じきになくなるでしょう。また、ナスを絞った汁を首のイボに塗り付けるのも効果的です。

水分に含まれている植物性アルカロイドという成分がよくイボに効くんですね。ナスを肌に貼って肌がかぶれないのか心配な方もいるかと思いますが、基本的にアレルギーが無い人なら大丈夫でしょう。

基本的に「植物性アルカロイド」が含まれている植物ならなんでも効果的に効くそうですが、簡単に手に入れられるのはナスぐらいしかないでしょう。

他にバナナの皮なども首イボによく効きます。使い方はナスのへたと同じです。首イボが出来ている部分にバナナの皮をはり付けておけば自然とイボが治っていきます。

首イボにはよくハトムギ茶やドクダミエキス、杏仁オイルも効くと言われています。これらを購入して使用すれば比較的短期間で首イボを治すことが出来るかと思いますが、どうしてもお金がもったいないという方は、普段食材と使用する家庭が多いであろうナスを使うことをお勧めします。

そうすれば、わざわざこれらの商品を購入しなくても、家で首イボを治療することが出来ます。病院に行って首イボを取ってもらうことも出来ますが、それだとやはりお金がかかりますし、首イボを取るときの痛みも心配になるでしょう。

そんなわけで、皆さんには、ナスのへたを使った首イボの治療をおすすめします。植物性アルカロイドが首イボに効いて、およそ3週間ほどで首イボが取れて、首のはだが綺麗になるでしょう。